プレスリリース

初のメジャーアップデート!クラウド電話システム「INNOVERA」2.0リリース

  • 2020.12.1

2020年12月1日、プロディライトは、クラウド電話システム「INNOVERA PBX」のメジャーアップデート 「INNOVERA」 2.0をリリースいたしました。

「INNOVERA」 2.0は、これまでのINNOVERA PBXを設計段階から見直すことにより、これまで単体で提供していた電話・ビジネスフォン機能から、今後の様々なニーズに対応できる拡張性と将来性を備えた「テレフォニー・トータルソリューション・プラットフォーム(TTSP)」として生まれ変わりました。

このメジャーアップデートの大きな特徴を紹介します。

特徴①:テレフォニー・トータルソリューション・プラットフォーム(TTSP)

これまで電話機能を利用するサービスの提供形態として、オフィス・ビジネスフォン用途、アウトバウンドコールセンター用途、プレディクティブコール(自動発信)用途など、目的・用途によってプラットフォームが分かれていることが一般的で、それぞれの製品を導入する必要がありました。

しかし、今回リリースする「INNOVERA」2.0は、電話交換機(PBX)機能をコアとしたプラットフォームにそれぞれの機能をモジュールとして付加していく業界初の画期的な方式なので別々にサービスを導入する必要がありません。統合されたプラットフォームで目的、用途に合わせた機能モジュールを選択することにより、それぞれの機能を利用することができます。

例えば通常はビジネスフォン用途として使っているが、新たにアウトバウンドコール業務が必要になった場合、別のプラットフォームを導入することなく、機能モジュールを追加するだけで利用することができます。

さらに、電話番号、アカウントなど一つのシステムで一括で管理できますので、管理工数の削減も実現します。

特徴②:新しい機能拡張・オプション

これまでのINNOVERA PBXで実装されているオプションはもちろん、もっと電話・音声通話が便利になる拡張機能を実装予定です。その中にはAI技術の応用であるASR(自動音声認識)やNLP(自然言語処理)を用いた機能も検討しています。

特徴③:音声ソリューションとしての拡張性と将来性

これまでのINNOVERA PBXは主に発着信・通話と電話の基本機能を中心としたパッケージとしてのAPI連携でしたが、2.0では機能モジュール単位での連携が可能になるよう、開発を進めていく予定です、このことにより、他社クラウドサービスとの連携の幅がさらに広がり、電話というカテゴリを超えた音声ソリューションを実現します。

【INNOVERA 2.0に関するお問い合わせ先】
株式会社プロディライト
担当:山口・吉川
電話番号:06-6233-4555
Email:info@prodelight.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社プロディライト 広報・マーケティング:清水
電話番号:06-6233-4555
Email:t.shimizu@prodelight.co.jp

導入事例

  1. 2020.4.20

    中西金属工業株式会社

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。