【連携サービス開始のお知らせ】株式会社シンカ様

株式会社プロディライトは、クラウド型IP-PBX「INNOVERA PBX(イノベラ PBX)」と、株式会社シンカ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:江尻 高宏)が開発・提供する、クラウドCTI『おもてなし電話(R)』との接続検証を終え、連携サービスとして2018年9月10日より提供開始いたしました。

今回の連携により、両社サービスの既存ユーザ様、ご検討中のお客様を含め、さらに幅広い層のお客様に対して、いつでも、どこからでも高い品質と拡張性のCTIサービス・クラウドPBXを提供し、クライアント企業のビジネス拡大・促進・安定に貢献してまいります。

■ サービス連携背景
電話応対業務における顧客満足度向上のニーズが増加する中、プロディライトとシンカはそれぞれが提供するIP-PBXとクラウドCTIを連携することで、電話応対から顧客情報管理までの一連化を図ります。電話の着信時にパソコンやタブレット、スマートフォンにお客様の様々な情報をポップアップ表示する『おもてなし電話(R)』と『INNOVERA PBX』にて連携を図る事により、電話応対の効率化を実現、更には負担を削減し、顧客満足度アップを実現します。より幅広い業種業態、様々な企業規模のお客様にご活用いただけるよう、電話回線の全種別に対応し、且つ『おもてなし電話(R)』が持つ外部連携の全機能に完全対応した『INNOVERA PBX』との連携に至りました。

今後の開発予定として、「INNOVERA PBX(イノベラ PBX)」が提供する「全通話自動録音機能」と連携し『おもてなし電話(R)』の画面から再生が可能になる通話録音連携があります。また、インバウンドコールセンター対応のモジュール開発を予定しており、これによって『おもてなし電話(R)』で電話対応時に電話応対者を特定して顧客情報をポップアップできる機能の搭載も可能になります。

【クラウドCTI『おもてなし電話(R)』について】
顧客からの電話着信と同時にパソコンやタブレット、スマートフォンに顧客の様々な情報を表示させることができる『おもてなし電話(R)』サービス。社内・店舗内で着信・顧客情報を共有することで、業務効率や電話対応負担を大幅に改善。顧客ひとりひとりに合わせた電話応対の実現により、顧客満足度アップと売上アップや、会社・店舗の評価アップにも貢献している。
2014年8月のサービス開始から4年で導入100業種・業態以上、600社、1,000拠点に拡大(2018年8月時点)。2015年12月にNTT東日本正式受託商品として認定され、2016年2月に第8回千代田ビジネス大賞特別賞を受賞。
「おもてなし電話 シンカCTI」公式サイト http://www.thinca.co.jp/service/cti/

※「おもてなし電話」は株式会社シンカの登録商標です。
※ おもてなし電話の画面表示例サンプル http://www.thinca.co.jp/cti/sample-shoji.jpg

PAGE TOP