INNOVERA Outboundについて

御社の架電効率、伸び悩んでいませんか?

まず考えるのは「人を増やせばいいのかな?」「電話を増やせばいいのかな?」という事ではないでしょうか。
架電効率が上がればコストも抑えられ、同時に業績も上がりやすくなります。
プロディライトのINNOVERA Outboundを導入する事によって架電効率は上がり、豊富な機能によってオペレーターの架電スキルの向上も見込む事が可能になります。

効率が上がることによってアポインター1人あたりのコール数は増加します。
今まで必要だった人件費を削減することも可能になるこのINNOVERA Outboundシステムのご利用に必要なのはたったの4アクション。操作もシンプルなので、導入後はどなたでもすぐにお使いいただけます。

INNOVERA Outboundの機能

アウトバウンド

分析機能

「一覧分析」、「エリア分析」、「ステータス分析」、「架電分析」を標準装備。受注、見込み件数や率をリアルタイムで確認。
アポインター毎のスキルの強弱を一目で確認できます。

通話録音(標準搭載)

全通話を録音。優秀なアポインターのトークを分析し、他アポインターに展開することで通話スキルの強化へ。

モニタリング

アポインターのトークをリアルタイムでモニタリング。「囁き」モードにより管理者からアポインターに助言。
リアルタイムでのアポインター教育を支援。

Click To Call

記載されている番号へワンクリックで発信。
電話番号を打つ時間が短縮できるほか、掛け間違いも防止することで架電効率向上。

オートコール

一定期間は鳴動させ架電先が受電しない場合は自動で次の架電先にオートコール。効率的なリスト消化。
アポインターが留守と判断する秒数も設定できます。

プレディクティブコール(オプション)

アポインター数に対し複数回線を利用して一斉に架電。繋がったリストのみをアポインターに接続。

outbound

導入で得られる5大メリット

outbound

低コスト

高額なサーバーを購入していただく必要なし。ご準備いただくのは「PC」、「ヘッドセット」、「インターネット回線」のみ。
安価な費用でシステムが導入できます。

安全性

様々な脅威から専門スタッフが24時間体制で監視。災害被害の影響を受けにくい立地による堅牢性向上。

短納期

PBXの設定等は不要。固定電話回線の開通、現地調査を待つ必要なし。最短5営業日にて導入可。

常に最新環境

システムバージョンアップはすべてクラウドサーバー上で実施。システムを止めることなる常に最新環境での利用可。

outbound

推奨動作環境

PCOS メモリ ブラウザ 回線速度
Windows 7以降 2GB以上 InternetExplorer11以上 100Mbps以上(上り、下り共)
光ファイバー回線推奨