IP-Line

お問い合わせ

ビジネスにちょうどいい 90秒課金で通信料を大幅削減

IP-Lineとは

コールセンターや電話営業など、オフィスの電話通信費を削減するサービスです。PBX(構内交換機)の新設が不要なクラウドPBXも同時に提供することで遠隔拠点間内線や通話録音・営業時間外のアナウンスなどの細やかなサービスも可能にしています。

IP電話とは

IP電話の仕組みはとても簡単です。
IP電話は、インターネットでメールや画像などを送るのと同じように、インターネットを使って音声を送り合って通話しています。そのためIP電話は一般加入電話回線を用いずにブロードバンド回線を用います。

現在では固定電話加入契約者の約半数がIP電話です。
IP電話加入契約数も年々増加し、さらに多くのユーザーに浸透しています。

IP電話のメリット

提携グループ同士の通話が無料

通話先も同じ提携グループのIP電話サービスを利用している場合、通話料は無料です。

長距離の通話料金が格安

IP電話には市内・市外という区別はありません。
全国一律料金で通話できます。

無限に広がるサービス

IP電話はまだ登場したばかり。様々なインターネットサービスとの連動が期待できます。

メリット

通信費の削減

弊社独自の90秒課金(4.6円)を採用

他社にない90秒課金の採用により余分な通信費の削減を実現します。従来の電話回線をご利用の場合、通話時間が90秒に達しない場合も8.0円課金されています。90秒以内の通話が大半のお客様の場合、最大42.5%通話料が削減できます。

距離に関係なく全国一律の通話料

距離や時間帯によって通話料金が変更することのない一律料金にてご利用いただけます。※全て税抜き表示になります。

IP-Lineの90秒課金はこんなにおトク

ご利用番号はそのまま

番号ポータビリティにより他社サービスからの移行の場合も現在の番号を継続してご利用いただくことができます。
※一部移行できない番号もございます。

クラウドPBXも提供

PBXの新設不要

弊社はクラウド型のPBXも提供しています。PBXの新設、入れ替えをご検討の場合、事務所内にPBXを置くことなくビジネスフォン機能をそのままご利用いただけます。もちろん電話回線のみ変更し、既設のPBXを引き続きご利用いただくこともできます。

拠点間内線

遠隔拠点間の電話を内線化し、通信料を大幅に削減することができます。

通話録音

通話の内容を録音することができます。通話内容はPC・タブレット端末・スマートフォンからでも確認することができます。

営業時間設定(トーキー設定)

各電話番号に併せた営業時間外の受電方法を設定することができます。

クラウドPBXを利用した一例

会社エントランスには受付電話の代わりにIPadを設置。IP電話とIPadを組み合わせることで、スタイリッシュなWiFi受付システムを実現できます。

ご利用料金

通話料(固定電話宛)
固定宛通話料 90秒 4.6円
固定宛通話料 180秒 7.9円
通話料(携帯電話宛)
携帯宛通話料 30秒 8.0円
携帯宛通話料 60秒 15.0円
初期費用
番号発行手数料(050番号) 1番号 1,000円
番号発行手数料(0AB〜J番号) 1番号 2,500円
番号ポータビリティ手数料 1番号 1,500円
月額基本料
番号利用料 2チャネル/1番号 1,000円
チャネルアップ利用料 1チャネル 150円

※全て税抜き表示になります。

ページトップ